JBA

JBA

現地レポート

大会最終日 男子準決勝・決勝「和をもって制した夏」 RSS

2016年8月26日 1時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「平成28年度全国中学校体育大会 第46回全国中学校バスケットボール大会」は大会最終日を迎え、福井市体育館で、男子の準決勝と決勝が行われました。3日間で6試合を戦い抜き、全国の頂点に立ったのは東京の実践学園。準決勝では愛媛の今治南から48-45で逃げ切り、決勝では愛知の岩成台を64-33の大差で下して、大会2連覇を成し遂げました。

決勝のタイムアップの瞬間、喜びを爆発させる実践学園。2連覇を目指した重圧から解き放たれた瞬間だろう

決勝のタイムアップの瞬間、喜びを爆発させる実践学園。2連覇を目指した重圧から解き放たれた瞬間だろう

 決勝戦のポイントとなったのは、中学生離れした岩成台のエース⑤横地 聖真選手を実践学園がいかに抑えるか。191cmの恵まれた体格を生かし、ディフェンスを次々に押しのけてシュートをねじ込んでいく横地選手には、これまでたくさんの強豪チームが手を焼いてきました。

 その横地選手に対し、試合前から密かに闘志を燃やしていた選手がいます。実践学園の⑦江原 信太朗選手です。

 江原選手は、横地選手と共に昨年度のJBAジュニアエリートアカデミー(ビッグマンキャンプ)に当時2年生ながら参加し、6回にわたる合宿を行なってきました(当時2年生は15人中3人のみ)。合宿ではおのずとこの2人がペアになって1対1などを行う機会が多かったのですが、そのときはほぼ毎回、横地選手が江原選手を圧倒していたそうです。

 だからこそ、「リベンジだと思って、絶対に止めようと思っていました」と江原選手。寡黙で感情をあまり表に出さない江原選手ですが、その胸には雪辱を誓う強い決意があったのです。

 その闘志は、第1ピリオドから全開でした。特にそれが表れていたのがディフェンスで、長い手を伸ばして最後の最後までシュートチェックに行き、渾身のジャンプでリバウンドをもぎ取っていきました。また、オフェンスでは横地選手がジャンプシュートを決めれば、すかさず江原選手が決め返すシーンもありました。両者一歩も譲らず、見応えのあるハイレベルな戦いが繰り広げられたのです。

 ただし、そんな江原選手の奮闘だけでは、実践学園がこんなにも大きくリードを広げることはなかったでしょう。実践学園が自分たちの流れを引き寄せたもの、それは全員が協力し合うことで生まれた“チーム力”でした。そのことは決勝戦の途中、森 圭司コーチが選手たちにかけた、こんな一言にも表れています。

「相手(横地選手)はすごい選手なんだぞ! みんなで助け合え!」

 その言葉どおり、実践学園は攻防にわたって“助け合い”が光りました。ディフェンスでは、たとえマッチアップする江原選手が抜かれても、すかさず⑧渡部 一輝選手がカバーに入り、体のぶつかり合いを厭わずに横地選手を苦しめます。

積極性を見せ、30得点を挙げた実践学園⑧渡部 一輝選手。力強いプレイでチームを勢いづけた

積極性を見せ、30得点を挙げた実践学園⑧渡部 一輝選手。力強いプレイでチームを勢いづけた

 またオフェンスでも、江原選手が外角に出て横地選手を外におびき寄せながら、その間に渡部選手らが果敢にリングにアタックしました。渡部選手は、この試合で30得点と爆発。江原選手も「自分が無理に攻めなくても周りの選手が点を取ってくれたので、感謝しています」と試合を振り返ります。頼もしいチームメイトの活躍が、エースの負担を減らしていたことは間違いありません。

 こうして、個の力ではかなわないかもしれない強敵に、チームが一枚岩となって対抗した実践学園。チームスローガンに“和”を掲げ、日頃からチームプレイを磨いてきたからこそ、その成果が決勝の大舞台で表れました。

 一方、予選リーグから続いた岩成台の快進撃もここまでとなりました。思うようなプレイができずに、試合途中からすでに涙を浮かべていた横地選手。タイムアップと同時に頭にユニフォームをかぶり、うつむいた姿からは、言いようのない悔しさがにじみ出ていました。

 それでも、優勝候補に挙げられた強豪チームを次々と撃破し、決勝まで上り詰めた岩成台の大躍進は見事でした。その原動力として横地選手が挙げてくれたのもまた、“チーム力”の大切さです。

試合後、岩成台⑤横地 聖真選手に駆け寄る実践学園⑦江原 信太朗選手(写真左)。良きライバルは、良き友でもある

試合後、岩成台⑤横地 聖真選手に駆け寄る実践学園⑦江原 信太朗選手(写真左)。良きライバルは、良き友でもある

「僕のアイソレーションばかりで、見ている人はワンマンチームだと言うかもしれません。でも、周りのチームメイトが僕のことを分かってくれて、生かしてくれたからこそ、いまのスタイルがあります。試合中、僕はたまに周りの選手に檄を飛ばすこともありますが、何でも言い合える仲間だからこそ、厳しいことも言えました。この仲間だからこそ、ここまで来ることができたと思います」。横地選手は胸を張って、誇らしげにチームメイトのことを語ってくれました。

 誰か一人の力で勝てるほど、バスケットボールの世界は甘くはありません。全国の上位に進出するようなチームは例外なく、チームの“和”がエースと呼ばれる選手たちを支えていました。

 3年生たちは公式戦としては今大会で引退となり、来年から高校のステージへとステップアップします。個の力を伸ばしていくだけでなく、新たな和を作ってチーム力を磨き、再び全国の舞台に戻ってきてくれることを願っています。

20160825_report_b01

[ 記事URL ]